古い道具がかもし出す、空気感に憧れます。
色、形、存在そのもの。

新しいのに古い、みたいな色。

普通の色より、くすんだ色で染めればなんだかいい感じに見える。

でもそれだけだと「時が経って自然とそうなった」ようなニュアンスまで表現できないんです。

だから、デニムのように色の風合いが変化する、『顔料染め』という手法で色をのせました。

穿けば穿くほど、より深みのある表情が生まれます。

ぽってり、微笑ましい感じ。

女性らしくて、少し、苦手だったスカートも。

この生地ならうまくいく気がしたんです。

かと言って、普通のフレアだと甘すぎるから。

スカートならではのドレープ感は残したまま、裾にほんのり丸みをつけてぽってりとした優しい形に仕上げました。

まっさらでピカピカなのもいいけど。