秋冬の麻は
「ほんのり香る」ぐらいがイイ。

春夏の爽やか・涼しげなイメージが強い麻だけど…あの気取ってない、『どこまでもナチュラルな風合い』がイイんです。

そこに季節なんて関係ないはず。

それならいかにもな見た目じゃなくて『ほんのり感じる』ぐらいの麻ならいいかもしれない。

だから「秋冬はシーズンオフ」なんて言わないで!

表面はホワッと起毛していて、ちゃんと秋冬らしい。そこに麻が混じると、ポツポツとランダムな味わいが出てきます。

やっぱりこの味がないと、服に自然な表情が生まれません。

デザインそのものも主張はできるだけ抑えて、目立ちにくい低めの切り替えに。

シェルボタンで大人っぽさをチラッとほのめかす程度でじゅうぶん。

例えるなら、すれ違いざまにふっと気づく石鹸のいい匂い…それぐらいほのかな『麻の風合い』。だけど秋冬には、それが一番心地いいんです。

スタッフ とみー