まるでデニム…なのに、
まさかのしなやかさ。

しっかり風合いがあるデニムほど、厚くて固い。だからふんわりやさしい着こなしは、デニムでは無理だと思っていました。…今までは。

そんな固定観念を取りはらってくれたのが、このガウチョ。

見た目はまるでデニム。だけどいい意味で、その見た目を裏切ってくれたんです。

実はこのガウチョ、ストレッチの効いたカットソー生地。それをデニムにも使われるインディゴ染めや綾織りで仕上げて、本物さながらの『風合い』を出しています。

いつどんな日もしっくり馴染む、じんわり味のある表情…あぁデニムだなと思うのに、穿くと「おっ?」と言うくらいモッチリ伸びてやわらかい。

この楽ちんさは意外でした。

歩くとひらっと揺れて、カットソーならではの『しなやかさ』が生まれる。カジュアルでラクなのに、着こなし全体が女性らしく見えるんです。

見た目と穿き心地がまるで真逆、だけどそこがまたイイんです。これってもしかして…いわゆる『ギャップ萌え』ってやつですかね?

スタッフ とみー