大人の足もとは、
『ほろ苦テイスト』で。

甘いモノは嫌いじゃありません、むしろ好きなほう。

ただし、お洋服となると話は別なんです。

特にコーディネートの〆になる靴は「甘い、かわいい」ばっかりじゃ何かが足りない…そんな気がして。

そこからたどり着いたのがこのブーツ、その名も『ショコラ』。

見れば見るほど、履けば履くほど「やっぱコレだな~」としみじみ感じる。

今まで足りなかったのは本格的な大人の味、『ほろ苦テイスト』だったんです。

編み上げに凸凹ソール、太めのステッチ…これが足もとをピリッと引きしめるワークテイストの『ほろ苦さ』。

それでも毎日履けてしまうくらいマイルドに馴染むのは、ころんとしたつま先の丸みでさりげなく『甘さ』をしのばせているからなんです。

ひとつの素材に見えて、実際は部分的に本革、それに釣り合うリアルなシボ感のフェイクレザーの組み合わせ。

どんどん気兼ねなく履けるのに、じんわり味が増してくる…そんな本革の魅力まで楽しめます。

実はこの『ショコラ』、soulberryで作った初めてのオリジナルブーツ。

何年経っても色褪せて見えないのは、甘さより大人の苦みを意識したから…かもしれません。

スタッフ とみー