長~いおつきあいに、なりたくて。

今だけじゃなくて、"この先も”好きでいられる予感がするかどうか。

いくつになってもひとめぼれしちゃう花柄だけど、いつからかそういう目で見るようになりました。

ずっと好きでいるにはにぎやかな色や柄より、ホッとさせてくれる「静けさ」がほしくて。

長~いおつきあいをしたいからこそ、わかりやすいアピールだけでもダメなんです。

だから花柄のこと、今まで以上にもっと“繊細に”考えてみました。

花びらだけが花柄だと思っていたけど、自然の中の花は葉や茎もあわせてひとつの「花」。

花柄にも野の花そのままを写したら、もの静かでも「ひっそりとした存在感」が湧き出てきました。

モノトーンの中にかすれたような杢カラーで味をもたせたり、ブルーの色味をいかして刺繍はあえて馴染ませたり。

「色」と「色」のバランスも沈みすぎず浮きすぎずだから、合わせるアイテムとも仲良く調和してくれます。

ほっと落ち着くけれど、たしかに惹かれる芯の強さを秘めている。

そういう繊細さが、長~いおつきあいの秘訣なんです。

スタッフ とみー