杉の葉に 溶けた雪

まさかヘリンボーンの柄がざっくり編んだニットに隠れているとは思いませんでした。

よーく見ると…いや、少し遠目で見るとヘリンボーン柄でした。

ヘリンボーンって、杉の葉の形に似ているから「杉綾織り」とも言うんですって。

<ほら、杉の葉の雪が溶けるように 私の不安も溶けてゆく。>

憧れてたけど 着ぶくれが怖くって着れなかった ざっくりニットのボリュームが、なぜかスッキリ見える。

太い糸でも 柄があっても、縦のラインを作ってくれるヘリンボーン柄のおかげ。

でこぼこがボリューミーでもなく、織りが全体に醸す大人のシンプル。

斜めの柄に合わせた前後のVネックは 気になる顔・首まわりを軽く見せてくれる。

ニットの面積を広くし過ぎないコンパクトさはありつつも、ヒップまわりも目立たない 程よい丈。

これが求めていた ざっくりニットカーディガン。

私の不安は、早くも雪解けを迎えました。

スタッフ カワイ