ずどんとした、形がいい。

ワイドパンツって、ずどんとしたボリューム感が一番の魅力だと思うんです。

他のパンツよりも幅が広いからこそ叶えられる、どっしり落ち着いた感じ。

穿き心地も、ゆずれないから。

生地自体に厚みやハリがあれば簡単にそれを実現できるけど、どうしてもゴワゴワして穿き心地が悪くなるから。

もっと肌あたりのいい生地で、ワイドならではのニュアンスを表現したいんです。

スソに重みをつけて、広がりをキープ。

そのために注目したのが、スソのデザイン。

もともと生地を二重にしたスソを、さらに折り返して、四重に縫い留める。

そうやって足もとにほどよい重みをつけたので、生地がやわらかくても広がりがある形をしっかりキープできます。

生地自体は癖がないプレーンな質感なので、カジュアルからナチュラルまでどんな味ともケンカせず、コーディネートしやすいのも嬉しい。

なにげなく見えて、こっそり秘密が詰まった一本です。