丸いバルーンパンツを、無骨に穿きたい。

トップスって沢山の形や遊んだものがあるのに。

パンツってあまり、遊び心のあるものって少ないのかなって思ってたんですよね。

私の感覚を刺激するシンプルなようで独特な雰囲気を出してるパンツ。

反する二つが作る、重みある存在感。

求めてるラインはバルーンパンツみたいな…コクーンパンツみたいな…うちにしかだせない味わいのライン。

ただボリュームが欲しいわけじゃなくて、欲しい所に程よい丸みとゆとりがある感じ。

欲しいシルエットを作るためにはウエストにはタック、足元には切り替えを入れてとにかく形にはこだわって。

生地は張り感のあるものを選んだからこの緩やかなラインができたんですよね。

ラインだけじゃなくて、使い込んだ味のある表情をみせてくれる『顔料染め』という手法で色を作ったので

手に取った瞬間から陰影があるから使い込まれたようなカッコをみせてくれます。

表情ある生地と切り替えが作る、ヴィンテージ感

穿けば穿くほどパンツに深みと重みが生まれてくるので、かわいさだけじゃなくメンズライクな無骨さがうまれてきます。

こだわりの染めにあうようにボタンはマーブルボタンを使いました。

ワンピースの下に穿いた時も、少し見せるだけで独特な雰囲気を作ってくれるんです。

心を揺さぶられる素敵な出会いがあるから、お洋服ってたまらないんですよね。