パーカーだって、もっとこなれて羽織りたい。

普通のパーカーって、どうしてもおしゃれな着こなしに仕上がらない。

羽織るならいつものふんわりゆるっとした服とも馴染んで、こなれて見えてほしいんです。

ルーズさと抜け感、そのバランスが鍵。

だからこそ、ただオーバーサイズにするだけでは駄目。

ルーズなゆるさとほんの少しの抜け感、どっちもバランスよく合わさってこそはじめて完璧になれるんです。

そこで一番重要なのが、パーカーの裾まわり。

たっぷり広めにはしたいけど、それだけじゃ重たくなりすぎるから…。

広めの裾も、リブなし&スリットで重すぎず。

リブ素材は使わず、あえて切りっぱなしにステッチだけで軽やかに揺れるように。

両サイドにはスリットを深めに入れて、すっきりとした横姿にしました。

フードもくたっとやわらかくすることで、顔まわりも同じバランスのアクセントを。

なにげなく羽織るだけで、いい感じのコーデが出来上がり。

私好みで楽しめるパーカーが出来ました。