はじめまして。私、むぎ子と申します。
soulberryの仲間になって、はや3か月。
ようやくお仕事にも慣れてきました。

これからいろんなことにチャレンジしたい!なんて思っていたら、
soulberry初のフォーマルアイテムの企画
『soulberryのハレ服』プロジェクトの担当に任命されたのです…!
ホントに私にできるのかという不安もあるけれど
新人むぎ子、全力で頑張ります!

とはいえ。『soulberryのハレ服』って、どんなもの…?
えーっと、そもそもフォーマル服ってどんなものだっけ。

あ、グーグル先生に聞いてみよう!困ったときの、グーグル先生!
スマホ、スマホ…っと。

検索してみて出てきたものは、
ショッピングモールや百貨店で見るようなデザインばかり。

「なんか、やぼったいな。
しかもsoulberryのお客さまが着てる想像もあんまり…
ホントにこれがいいと思って着てるのかな?」

かといって、じゃあどんなものだったらいいの?
そんなのグーグル先生に聞いてもわからない…
こんな難問私に解けるの〜〜〜!?

『soulberryのハレ服』の担当に任命されてから数日。

いくらスマホで調べてもわからない…
このままじゃせっかくの任務を全うできない…
と、半べそをかきながら悩み倒していた私。

「"ひとりだけ"でやるなんて、私でも無理だよ。」
心配した先輩が、私に声をかけてくれた。

たしかに、soulberry初の試みのこの任務。
私一人でなんてできるはずがなかったんだ……。
soulberryには頼れる先輩がたくさんいるんだから、
みんなに協力してもらえばいいんだ!

そこで、フォーマル服への不満や疑問、こうだったらいいのに…など、
アンケート用紙を持ってスタッフみんなに聞き込み調査を開始!

「なんでいままで一人で抱えてたんだろう…」
そんな反省をしながらも、
着々と情報収集が進んでいったのでした。

聞き込み調査を進めていく中で、
ひと際アツい想いのスタッフに出会うことに。

「フォーマル服には、不満しかないわ〜。あれは"しょうがないの塊"ね。」

そのスタッフの名前は、みおさん。
3人のお子さんがいるママで、グラフィックデザイナー。
ナチュラルをこよなく愛す、マイペースおしゃれさん。
酸いも甘いも経験されたその安定感に、
相談に訪れるスタッフが絶えません。

「"しょうがないの塊"……と、いいますと?」
「若いころはフォーマル服って"そういうもの"として受け入れていたけど、
回が増すごとにやっぱり不満も増していって。
いつもの自分じゃない格好をするのがストレスになっていくのよね。」

「ふむふむ…確かにみおさんとよくあるフォーマル服って
延長線上にないですもんね。」
「そう、そうなのよ!なんでいつもの自分を曲げないといけないの?って。
あくまで自分の好きな服装で、私らしくいたいなと思うのよね。どんな時も。」

すると、その意見に賛同するスタッフも多数。

「めっちゃわかります。
あのつるつるテカテカとかサテンの生地もツイードの
THEフォーマルって感じとか…長く着てたくなくて、
せっかくの場も早く終われーって思っちゃいますもん。」

「そうそう、窮屈だったり、丈とかも短かったり。
小っちゃいボレロとかキラキラのショールとか、気持ちは七五三…
なんかちょっと恥ずかしいような気もして。」

そっか……
なんだかフォーマル服ってそういうものだと思って疑いもしなかったけど、
そこを私らしくしたいと思うって素敵だな。

みんなに力を借りてホントに良かった…!
私の知らないフォーマルの世界が広がった気がする。
これなら、『soulberryのハレ服』、
イイものができるかもしれない!

聞き込み調査を終えて
ふんわりと方向性が見えてきた『soulberryのハレ服』。

もっともっとイメージを固めていくため、
みおさんを筆頭に、どんな時も『私らしくい(たい)隊』
というチームを結成することになりました。
心強い仲間と一緒に
『私らしくいられるハレ服』とはどういうものなのか?
を、改めて具体的に話していくことに。

話した中で出てきた不満や希望の数々。

・派手でも地味でもイヤ。
・デザインも着心地も無理はしたくない。
・いつもの服装の延長線上のものであってほしい。

やはり根幹は、『ハレの日も、私のままでいたい』に尽きるワケで。
ならば、そのままの気持ちを伝えたい!

そんなこんなで『soulberryのハレ服』のコンセプトは
『ハレの日も、私のままで。』に決まりました。
さあ、いよいよ実際のお洋服を作っていきますよ〜!

じゃあ、このコンセプトに合った服ってどんなもの?
私のままでいられるハレ服の実態とは…?

『私らしくい(たい)隊』の色々な意見から考えついた案は、この6つ。

よし、これならきっと"ハレの日も私のままで”いられるはず…!
一度、『私らしくい(たい)隊』にも見てもらおう!

考えた6つの案を持って、『私らしくい(たい)隊』のもとへ。
「いろいろお話しさせてもらって、わたしなりに考えてみたんです…!」

ひとつずつ説明しながら、イメージを伝えていく。
全部説明し終わったところで、みおさんの険しい顔が見えた。

「あの…みおさん…?」
「…むぎ子ちゃん…」

みおさんの神妙な表情に息を飲む。
ヤ、ヤバい…的外れなものを出してしまったか…!?

ドキドキ……

「すごい!!!!むぎ子ちゃん!!!」
「え!?」

「むぎ子ちゃん、すごいです〜〜〜!」
「私、これ完成したら絶対買います!!!」
「すごくいいと思う!コレだったら、ハレの日も私のままいられるよ!」

『私らしくい(たい)隊』の太鼓判がもらえた…!
こんなにうれしかったのは久しぶり。大変だったけど、やってて良かった…!
さあ、カタチにしていきますよ!

『soulberryのハレ服』の担当に任命された日が遠い昔のように思えます。
ついに、ついにこの日がやってきました…!
『soulberryのハレ服』、完成です!

この日が来るまでいろんなことがありました。
シルエットが思うようにいかなかったり、何度もデザインをやり直したり…
でも、やっと形になった今日、そんな苦労はふっとびました!

『soulberryのハレ服』を担当できて本当によかった。
この機会をくれたみなさんに感謝、感謝です。

おっと、なんだかしんみりしちゃいましたね…(笑)

気を取り直して。
さっそく、『私らしくい(たい)隊』に着てもらいましょう!